SEOについて解説!SEOの内部対策と外部対策の基本
HOME SEOアルゴリズム(分析の有用性)

SEOアルゴリズム(分析の有用性)

SEOは、サーチエンジンの検索結果で上位に自らのWebサイトを表示するために工夫(チューニング)することです。それを成功させるためには、サーチエンジンの検索表示アルゴリズムを分析することが重要になります。

どのようなWebサイト(ホームページ)を開発すれば、代表的な検索エンジンに自分のホームページを他のサイトよりも優先して表示させることができるかは、集客する必要があるECビジネスサイトにとって、基本的な関門になります。

代表的な検索エンジンのSEOアルゴリズムを分析し、検索エンジンから高い評価を得られるように対応することで、基本的な関門をクリアできる可能性が高くなります。

SEO対策は日々分析し、日々実験しながら育てていくものです。アルゴリズムの変動にあわせたチューニング、内部施策・外部施策を施しすぎてGoogleからペナルティを受ける場合もあるので、そのときの改善など。ウェブマスターツールなどを利用し、確認することで、ペナルティを受けているかどうかは判断できます。

いったん上位表示になったとしても、アルゴリズムが変わったことで急に順位が落ちることも稀ではありませんので、常に分析を続ける必要があります。

儲かるseoを大阪、東京で導入するなら

有限会社ティーケイティー
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
〒102-0083
東京都千代田区麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町
http://www.tkt-group.co.jp/
http://www.tkt-group.jp/

seo関連

ページトップ